核兵器の無い平和な世の中へ:堺原爆被害者の会
大阪府堺市で平和と核兵器廃絶を訴える堺原爆被害者の会

堺原爆被害者の会について

  • HOME »
  • 堺原爆被害者の会について

堺原爆被害者の会

堺原爆被害者の会(1世の会)

会長:中谷好文

image1昭和20年8月6日、核兵器として世界初の原子爆弾が広島に投下され、その3日後の8月9日に2発目の原子爆弾が長崎に投下されました。

原子爆弾はそれまで使用されていた火薬だけの爆弾とは比較にならない強力な破壊力で、一発の原子爆弾で広島市も長崎市も一瞬にして壊滅的な焦土と化し、広島市で14万人、長崎市では7万人が死亡し負傷者数は確認しきれないほど多数出るなど甚大で悲惨な被害を受けました。

そして、被爆しながらも生き延びることができ、元気に生活していた人が数年後に白血病や癌を発病したり、いろいろな疾病を患う人が多数出るなど、原子爆弾による放射線の影響は被曝後70年を経過した現在でも続いています。
被爆者そして被爆二世は健康不安を死ぬまで持ち続けなければならないなど核兵器は非人道的な兵器なのです。

核兵器は全世界に15000発あると伝えられており、その中には原爆の数百倍の破壊力を持つ水素爆弾も配備されています。
私たちは家族を失い、自らも負傷するなど悲惨な被害を受けましたが、その数百倍の被害が及ぶ状態になっているのが現実です。

「核によって被害を受け、悲惨な思いをしたことを再び繰り返してほしくない、だから核のない平和な世の中をつくりたい」と願うのは被爆者共通のものであると私は信じています。

しかし、今後は戦争を知る世代が減少し、戦争や原子爆弾が広島・長崎に投下されたことを知らない世代が増加して、風化が進むと考えられます。
そのためにも、私たちの子供である被爆二世の方々に助けていただきながら、しっかり活動しなければならないと思っております。
私たちの活動に、よりたくさんの方々のご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

堺原爆被害者2世の会

会長:積山洋

2017年7月、核兵器の全廃と根絶を目的とする核兵器禁止条約が、国連加盟193ヵ国中、122ヵ国の賛成で成立したことは、人類史に残る画期的なできごとであり、核保有9ヵ国に対する強烈な反対意志の表明でした。
同年、この条約の成立のために多大な貢献をした国際非政府組織(NGO)である核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)にノーベル平和賞が贈られたことはご存知でしょう。

しかし、核保有9ヵ国やその同盟国はこの決議に参加せず、国際世論に背を向けました。なかでも、アメリカとロシアは1987年発効の中・短距離ミサイル廃棄条約を放棄し、また中国も加わって新たな国際紛争が世界で拡大しつつあることは、実に由々しきことです。東アジアの緊張を再び招きつつある北朝鮮の核開発再開も、認めることができません。

私たちは、一世の方々とともに、毎年堺で原爆展を開いています。核兵器の悲惨な被害をあらためて見つめなおし、その真相を世界に伝え、後世に継承することは、被爆者を親に持つ私たちならではのミッション(使命)だといえます。

私たちの活動のもうひとつの柱は、二世に対する公的な支援を実現することです。2018年8月放送のNHKスペシャル「広島 残された問い~被爆二世たちの戦後~」では、原爆の後遺症がわが身にも及ぶかもしれないとの恐怖に苦しむ二世の姿が注目されました。私たちも毎年4月の総会で、二世への被爆者健康手帳の発行と医療費助成の要望書を堺市・大阪府・厚生労働大臣あてに提出しています。
堺市議会でこの件を熱心に取り上げてくれる議員さんもおり、引き続き、取り組んでいく所存です。
平和を願う多くの方々のご支援とご協力を、心よりお待ちしております。


広長会について

堺原爆被害者の会は別名「広長会」(こうちょうかい)と言います。
なぜ広長会という名がついたのという理由をご説明します。

被爆後、年数を重ねる中で、それまで元気だった人が白血病になって死亡したり、被爆時の放射線による内臓損傷などによって癌になる人が数多くいました。
また、疲れやすい体質になって仕事を続ける事が出来ず休むことが多くなったり、仕事する意欲も湧かず家でブラブラすることから「ぶらぶら病」と怠け者の代名詞として言われるなど就職や結婚などで差別を受けました。

又、福島原発事故時、福島から他府県に避難した人達に「うつる(感染する)」などの誤った偏見がニュースになっていましたが、私達被爆者にも同様のことがありました。
そのため被爆者であることがわかりにくくするため広島・長崎の一文字を使った「堺広長会」という通称名を使って郵便物を出すなど、当時は被爆者であることを隠したいという人が多かったために使った名称です。


堺原爆被害者の会連絡先

〒593-8322
堺市西区津久野町2-4-7
電話・FAX:072-272-1632
メール:info@sakai-genbaku.org
堺原爆被害者の会会長
中谷好文

PAGETOP
Copyright © 堺原爆被害者の会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.